憑依体質って?|関西霊視鑑定

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

朝の日差しを感じ…台湾茶を飲みながら癒やされていました。

こう言う時って香風は瞑想状態になるんですよね。脳内をリセットするには最高なんです。

ぼ〜っとしながら同じ様な心地良い時間を過ごした巫女時代を思い出していました‥。

霊感がある家系に生まれて、幼い頃からも人のオーラが見えたり霊を見たり色々あったんですが、特に巫女時代に霊能力の開花が始まりました。

憑依される事も(中に何かが入る)巫女になってからですしね。

香風の場合、憑依されても自分の意識があるので、何が起こってるのかが分かるんです。

さて、今回は憑依(ひょうい)について詳しく解説いきたいと思います。ぜひ最後までお読みくださいませ。

憑依ってどんな感じなの?

巫女時代には、職務中にもありましたしね。

大阪の一の宮でも当時はパワースポットブームもないので夏の参拝者は少なくて、いくつもある社務所や拝殿を順番に掃除して1日が終わる事も多々で、その日も誰も居ない社務所でお掃除をしていました。

そしたら急に、ゆっくりと身体の力が抜け始めて…パタリと倒れてしまったんです。

自分に何が起こってるのか判らず、天井を見つめてると、手がゆっくり動き始めて身体の部位を順番に押し始めたりと…後で振り返るとチャクラの場所だったんですがね。その時はチャクラの場所さえも知らないですし(笑)

時には、誰も居ない社務所で座って作業していると、首がカクってなった瞬間、あっ又だ!って、自分の意識があるのに、手が勝手に動き出して何かを書き出したり、読めませんでしたが‥

声が聞こえる訳でもなく、怖くもなく、じわ〜っと身体がゆっくり動くので不思議だけど心地良い感覚だったんですよね…。

生霊と憑依は違う

後は、戦死、水死、動物霊に憑依されて、後はやっかいな生霊も大変だったな…(生霊は憑依ではなく、近くに居る密着の憑く方です。

人に憑(つ)く人間のうち、生きた人の霊。これに対し死霊は、死者の霊が憑くことをいう。憑き物現象の憑依(ひょうい)霊の一種。
 ある人が、友人などに対し、ねたみ、そねみ、恨み、憎しみなどの激しい感情をもっていると、その人の霊は肉体から遊離して相手に取り憑いてしめ、ときには殺すこともできると考えられていた。『源氏物語』で、六条の御息所(みやすどころ)の生霊が葵(あおい)の上の臨月の衰弱につけこんで苦しめた話は有名である。『今昔(こんじゃく)物語』にも、離縁した妻の生霊が普通の姿をして深夜に前夫の家を訪れ、戸が締まっているのに、すきまから入り込み、前夫を取り殺した話がみえている。取り憑かれた側では、祈祷師(きとうし)などに頼んで、呪法(じゅほう)でこれを落とそうとする。しかし、ある症状を生霊の憑いたためだと判断するのも、ほかならぬ祈祷師であったから、憑き物現象の盛行と呪者の存在とは、互いに相関、共存の形をとることが多い。
引用;コトバンク

しんどくて辛い経験しかないので、巫女時代に経験したのは良いモノが入ったんだろうなぁ〜って思っています。

中に入られるのをイメージで言うと、意識がミルフィーユ状態で、自分が1番下にさせられる感じなんです。主導権を奪われるって感じですかね。

中から霊に話しかけても、霊は出て行ってくれないし、戦死した方が入った時は、水!水!って水は飲みまくるし、水死体に入られると寒がって布団にくるまってましたしね。でもパチって切り替わりがあったので、自分の時もあるんです。お祓いをしてくれる先生が当時は居たので、入られる度に、お祓いで外して貰ってました。

動物に憑依されると危険

それに!動物は1番危険でした。

話せなくなるんです。話しかけても通じないし

うぅ‥って唸るだけ、ヨダレまで出てきちゃうし、半泣きで、私このままじゃ生きて行けない!やめて〜助けて!って感じで‥

この頃は、もう神さん仕事の修行が始まってたので、当時香風の守護霊だった巫女が、外す順番を指示してくれて、自分で外すのに数時間かかったのを今でも覚えています。

これが初めてのお祓いとなりました。

そこからは、憑依されない様にガードも出来る様になり、勝手に憑依されることは無くなりました。

駆け出しの頃は、お祓いの先生のお手伝いで降霊して口寄せもしてたので(イタコ)、他にもわざと霊を香風の中に入れて、先生が切る(上げる)ってこともしていましたよ。

実は憑依される人は少ない

ただ出し入れが出来るって言っても相当気力体力を使うので今は、ほとんどしておりませんが‥

兎に角!憑依は、体調不良を起こし大変です。ただ憑依の方は圧倒的に少ないです。

憑く方は多いです‥

香風は乗っかると言ってますが、そちらはまだマシなんです。

でも気当たりと同じで頭痛肩こり、背中痛、腰痛等、体調不良を起こしてしまうし、負を引き寄せやすくなりますから、早めの対処は必要です。

ただ体調不良を全て霊のせいにされる方もいらっしゃいまして、それは御本人様に問題があるので、そこは見極めてお話をさせて貰っています。

最後に

最後に‥余談ですが

神様は、スイッチを切っていても突然香風の中に入ることが多々で(笑)

このお話は…また次の機会にいたしましょう‥

おすすめの記事